松下さんはそこで詩のありようのタイプを四分割して示した。極の基準はいろいろとあると思うが、こうした整理は確かに・・・